実母に言われて打撃だった学生時代の苦い備忘録と、近くと交わした何気ないキャッチボール

こちらが、初めてブラを買ってもらったのは、中学校ゼロ年生の春でした。いわゆる実行ブラという代物でしたが、当時のこちらには、どうにも平たいミルクに、塗るだけで、ワン分量大きくなったかのような感じがして、いとも嬉しかったのを覚えています。そして、部活もはじまり、疲弊困ぱいで、疲れたボディをお風呂で温めていたところ、ぶらりと、女子がお銭湯にやって来て、戸を開け、どうにも、事柄を話し出し、言いだし終えて、ややあって、「あんた、ないなぁ乳、奥様のほうが、あんたぐらいの時は、ますますあったわ」ショックで、戸を閉め、去って言う女子に、一番気にしていたことをサラッと言われて、お風呂場で、ある程度放心スタイルだったのを覚えています。それから、読物で、バストアップのしかたを見つけては、挑戦しておりましたが、どうしても平たいミルクは大きくならず、その事を気にしていた、当時の周りとは、毎日のように、お互いに弄びあいっこをして、私のほうがいらっしゃるわ?とか、いやいや、私のほうが大きい!などと、どんぐりの伸長比べをしてました。ハニーココはAmazonで購入できませんでした。