身が思いきり試したバックアップバストアップの企画をいくつかご紹介したいと思います。

元々、いまひとつバストの体積はそこまで大きくはなく小さめだったので引け目のひとつではありました。痩せ型というのもあって、結構脂肪もつきにくかったのでずいぶんバストアップに対しては苦労したのを覚えています。ぐっすり背中からのお肉をブラに差し向けるとかも聞きましたが、痩せ型の自身には出来ずに終わったりしていましたね。あんな自身がバストアップのメソッドとして実践したことは、まずはサプリを服用するということです。自身が選んだサプリはバストアップに効果的といわれているプエラリアのサプリだ。その当時はデイリーかかさず服用していました。私のシーンですが、最初か月ほど服薬で働きが現れてきました。バストにハリが出てきました。今までは生理前だけだったので嬉しかったのを覚えています。そして、サプリだけに任せるのは良くないと憧れ、バストマッサージも取り入れてみました。夜のお風呂時間にオイルでマッサージしていました。マッサージメソッドは、バストは外側から円を描くように何度かマッサージ、反対に内側からも同じようにマッサージだ。生理前などお素肌がセンシティブになっているシーズンはマッサージを中断することもありましたが、慣習として続けていました。その値打ちもあってか、バスト体積もAからCに体積直しました。没頭は実ると実感した案件でした。b-upは本当に効果があるのか?

実母に言われて打撃だった学生時代の苦い備忘録と、近くと交わした何気ないキャッチボール

こちらが、初めてブラを買ってもらったのは、中学校ゼロ年生の春でした。いわゆる実行ブラという代物でしたが、当時のこちらには、どうにも平たいミルクに、塗るだけで、ワン分量大きくなったかのような感じがして、いとも嬉しかったのを覚えています。そして、部活もはじまり、疲弊困ぱいで、疲れたボディをお風呂で温めていたところ、ぶらりと、女子がお銭湯にやって来て、戸を開け、どうにも、事柄を話し出し、言いだし終えて、ややあって、「あんた、ないなぁ乳、奥様のほうが、あんたぐらいの時は、ますますあったわ」ショックで、戸を閉め、去って言う女子に、一番気にしていたことをサラッと言われて、お風呂場で、ある程度放心スタイルだったのを覚えています。それから、読物で、バストアップのしかたを見つけては、挑戦しておりましたが、どうしても平たいミルクは大きくならず、その事を気にしていた、当時の周りとは、毎日のように、お互いに弄びあいっこをして、私のほうがいらっしゃるわ?とか、いやいや、私のほうが大きい!などと、どんぐりの伸長比べをしてました。ハニーココはAmazonで購入できませんでした。